灯油を燃料としてお湯を沸かす給湯機器です。
水道の圧力を利用し直接過熱する水道直圧式と給湯側の缶体内にお湯を貯めて使用する減圧式と高圧型があります。
マキ焚き兼用タイプとかソ−ラ−温水器に接続可能タイプなどもあります。
石油ボイラー (石油給湯器)水道直圧式水道水の圧力をそのまま利用し、熱源機の中で直接加熱する方式で、2階のシャワ−への給湯でもお湯の勢いがなくなりません。同じ温度のお湯を続けて使えます。現在最も売れ筋の商品です。 また減圧弁、安全弁、エア抜き弁などを使用しないので給湯器廻りの配管もすっきりおさまります。
石油ボイラー (石油給湯器)減圧式従来の普及タイプで価格も最も低価格ですが、シャワ−などを使うには圧力がやや不足です。 最近では住宅リフォ−ムの場合に採用される程度で、減ってきています。
高圧力型従来の減圧式に対して、貯湯ボイラ−缶体の強度を上げて給湯圧力を高めたのが高圧型です。 水圧を従来の2倍(水道直圧式とほぼ同じ)まで上げることの出来るので、パワフルな給湯ができます。価格も水道直圧式よりもやや安く、将来的には最も普及するものとみられています。
石油ボイラー (石油給湯器)
メリット
  • パワフルな割に経済的(2005年からの原油価格高騰によりメリットは薄まりつつある)。
  • 使用地域の気温に関係なく利用可能。
  • 即湯器のため、実用上の限度水量がない。
デメリット
  • 石油独特の臭いやバーナー作動音がする。
  • 吸排気設備、大型の燃料タンク設備が必要。
  • 機器寿命が10年と言われ、その都度買い替えとなる。

石油給湯器の寿命
使用条件や使用方法等により寿命も変わってきますが、石油給湯器の寿命は同様に平均で8〜10年程度です。